那須高原での別荘土地、那須高原での新築別荘、那須高原での中古別荘、理想のリゾートライフ田舎暮らしをお手伝いいたします。

那須・羽鳥のホットトピック

那須・羽鳥のホットトピック

HEIWAGO DESIGNCODE「森の中にあって違和感のない家」

2015年12月7日

平和郷の理念は「自然主体」
「森や林の中で過ごさせてもらう」という感覚。
そしてArts & Crafts「美しく本物であること」

それは、気候や土地の性質にあったデザイン、自然界に存在する色彩や素材、そしてロマンと愛情が注がれた家。

今回はHEIWAGOの基本理念と共通する考えを持ち、居心地の良い素敵な居住空間を造られる建築家さん「和建築設計事務所」さんに訪問いたしました。

「和建築設計事務所」さんはHEIWAGO NATURE FIELDのスペシャルコミュニティ「BREEZE VILLAGE 」(北米型デザインによる45区画の街区・完売)の基本計画からランドスケープ、設計施工管理まで一貫した哲学のもとに創り上げてくださった設計事務所さん。

このプロジェクトでは、樹木を優先し道路を迂回した設計や、移動が必要になった「20mを超すヒマラヤスギ」の移植を行うなど、自然に配慮したランドスケープに「ありがたい」という気持ちを抱いたことを思い出します。さてさて、今日は普段見られない設計事務所さんの作業風景の取材模様をご紹介します。

敷地の入り口あたりで「いい感じ」の雰囲気がいっぱいです。

アプローチの敷板には味噌樽の側板が敷き詰められていて(若干香ばしい味噌臭が未だ漂っていました)なんともいい雰囲気。長年使われてきたものをさらにリサイクルして使われていました。

ガーデンはナチュラルテイスト。植えられている植物は事務所の社長さんの実家に育つ樹木から挿し木して育てているとのこと。写真のプランターにも独特の世界観感じます。

事務所の社長(青木さん)が現在、手掛けているのは「日本初!世界最高水準の国産高気密高断熱木製サッシ」とのこと。製材所さんと一緒に挑戦中とのことです。建物の雰囲気を大きく左右する窓枠に国産の木製サッシが使えるようになることに期待です。

青木さんの目標は国産木材の普及と活用で、木製サッシはそのためのツール。樹木を心から愛する熱くて素敵な人物です。

事務所の中を少し撮影させていただきました。

木の美しさ、陽の優しさ、インテリアの配置バランス。「ここで仕事がしたい」と思わせる魅力的な空間です。

この場所から生まれる設計が素敵なものになることを容易に想像できます。
HEIWAGOで建築をお考えの方にはこちらの設計事務所さんをご紹介させていただきますのでご相談ください。

アーカイブ

関連物件