那須高原での別荘土地、那須高原での新築別荘、那須高原での中古別荘、理想のリゾートライフ田舎暮らしをお手伝いいたします。

那須・羽鳥のホットトピック

那須・羽鳥のホットトピック

那須高原の旨いものVol.1「おらげのうんまい那須ひかり」

2016年1月18日

父親:連休は、おめも田植えてづだうんだがんな。
(標準語訳:連休に田植えの手伝いをしてね)
長男:なんでだよ。おら先週もこみっちらてつだったんべ!
(標準語訳:なんで?先週たくさん手伝ったでしょう)
父親:しゃらくせ!農家の長男坊は連休もなんもねぇんだ。ごっごとやっちゃえば2日もかがんねがら。
(標準語訳:うるさい!農家の長男に連休は関係ない。さっさとやれば2日もかからないから。)

栃木県の県北地方、ようは那須町の一般家庭でのごくごく普通の日常会話です。
この他、私の好きな那須の方言には「エロインピツ貸して💛⇒色鉛筆貸して」「おらんげ、よってぐけぇ💛⇒私の部屋に寄って行きますか?」「まぐそ⇒カブトムシのメス」「ちんころたんころ⇒ネコヤナギ」などがあります。(ちょっと偏ってますか?そうですか。)

そんなことより、知ってます?那須のブランド米「那須ひかり」!
私、、初めて食しました!「ガビーン」

にしても、『がびーん』って。。久々に言ってしまった
(昭和中期の漫画)
そんな昭和中期のライターをギャフンと言わせたお米のご紹介。
(また何か言ってる)

「なすひかりは、5年連続食味コンクールで『特A』を獲得しています。(ようは特別旨いってこと)
「なすひかり」の命名の由来は全国的にも有名な那須高原のさわやかなイメージを想像出来るように「那須高原」の「なす」と、コシヒカリ由来の良食味であることから「コシヒカリ」の「ひかり」を取り「なすひかり」と命名されました。(ちょっと強引)
食味がよく、お米の粒が大きいのでしっかりとした味わいがあります。ツヤがよく甘みや香りもしっかりしています。粘りは「コシヒカリ」と同等か少し強めなので、とても食べごたえがあり満足感が得られます。冷めても美味しいのでおにぎりやお弁当にも適しています。「コシヒカリ」に近い食味でより安価で手に入る点も大きな魅力です。(ちょっとしつこい)(*JA栃木より)

美味しさの秘密はこの土壌とミネラルたっぷりの伏流水。

コシヒカリと並んでも何だか誇らしげです。

サルベージ

長男の嫁:「あ~~~んして💛」
(東京から嫁いだばかり)
長男:さっちゃんの指も「な・す・ひ・か・り💛」。。。
(さっちゃんって誰ですか?)
父親:「ごじゃっぺこくでねー」
(標準語:いい加減な事言うんじゃない)
父親:「おらげの米、全部くうなや!!!」

各方面から叱られそうなのでこのへんで。

田んぼは無理ですが那須最高の高原野菜が作れる別荘物件はこちらです。やっと那須高原も冬らしくなってきましたが、弊社スタッフが安全快適にご案内いたします。

よっぱら遊びに来てね!(標準語:何度も)

アーカイブ

関連物件