那須高原での別荘土地、那須高原での新築別荘、那須高原での中古別荘、理想のリゾートライフ田舎暮らしをお手伝いいたします。

那須・羽鳥のホットトピック

那須・羽鳥のホットトピック

FOREST GIANTS「№34剣桂」

2016年11月22日

林野庁指定の「森の巨人たち100選」に指定されている「剣桂」に触発されました。これぞまさに巨人!

ここはHEIWAGO NATURE FIELD HATORIから車で約30分のところにある天然記念物「カツラ」の巨木。推定樹齢370年、樹高45m、幹周9.7mの森の巨人です。

望遠でも広角でもレンズに収まり切れません。

当初この異様な姿にブログでは面白く別のモノにすり替えようと試みましたが、写真をチョイスしているうちに何だか気持ちが向こう側へ吸い込まれてしまい、どうにも筆を走らせることができなくなってしまいました。本当です。。。

「剣桂」の名の由来は「昔、この地に鬼神が現れ、路行く人々を苦しめたので、白河城主・松平定信公が、剣をもってこの木に鬼神を封じ込めた」という伝説からというもの。ごらんのとおり幾本もの剣が根元にお供えされています。

この剣桂の傍らに神の依り代として祀る神社が剣桂神社。カツラの巨木を守護するように建つ姿が濃密で威圧的です。「ワレケガスベカラザル。。。」くぐもった声が社の奥から聞こえたような気がしました。

2つの幹が互いに干渉しあわないようそそり立つ姿は神々しくもあり心を締め付けられます。

近寄ることさえ拒んでいるような気を感じましたが恐る恐る手で触れてみました。

写真をよく見てください。根元に幾つもの邪鬼が封じ込められている様が見えませんか?

まるで自分の本当の姿を見透かされたよう。誰もいなかったせいかその触手で樹胴に吸い込まれる気配を感じたのは気のせいでしょうか。

天に向かって剣を突き上げるかのようにそそり立つ剣桂の巨木。見る者によってはその異形の姿に近寄ることをためらうかもしれません。写真を整理してこんな気持になったのは初めてです。もしかしたらライターの右手から何かの気が入り込んだのかもしれません。

実はHEIWAGO NATURE FIELDにも圧倒される巨木がたくさんあります。巨樹の持つパワーを肌で感じられるFIELDに別荘を建てたら、もうそれだけで満足できる豊な時間が手に入れられそうです。これから少しずつFIELD内の巨人もご紹介していきますのでお楽しみに。

アーカイブ

関連物件