那須高原での別荘土地、那須高原での新築別荘、那須高原での中古別荘、理想のリゾートライフ田舎暮らしをお手伝いいたします。

MENU

那須・羽鳥のホットトピック

那須・羽鳥のホットトピック

自然の中の建物は「メンテナンス」が一番大事です!

2018年5月11日

木立の中に佇む瀟洒な山小屋風のログハウス。別荘スタイルの中でも自然の中に溶け込むデザインは男子憧れの銘品です。

しかし自然の力は少しでも手を抜くと建物に大きなダメージを与えます。木々の樹液や風雨による屋根や電線への接触など様々なトラブルの要因にもなります。

また、デッキに溜まった落ち葉などは栄養たっぷりな腐葉土にも変化します。名前のとおりほっておくと木材を侵食して腐らせてしまう原因です。

特に地面に木部が直に接するような施工は禁物。地面に近いという事は湿気が多いという事。建物にとっての大敵です。

そこで今回は、未入居ながら当社売主で販売することとなった中古建物物件「Apricot」の商品化のための補修工事と、建物を永くご利用いただき価値の下がらない状態を保つための大切なメンテナンス方法についてご案内いたします。

平成19年9月施工の国内大手メーカーのログハウス。
縁あって当社が売り主となりましたが当然このままでは商品化はできません。

建物は緩やかな斜面に建っていますのでエントランスへは階段で上がる構造になっています。今回は建物全体を綿密に調査した結果、階段とデッキは全て作り直しです。

メンテナンスアドバイス①
木部は防湿コンクリート基礎の上から立ち上げれば湿気も防げます。

メンテナンスアドバイス②
風雨があたるデッキなどの木部は3年に1度は再塗装すると長持ちします。

Before

After
メンテナンスアドバイス③
来荘時にはできるだけ落ち葉は掃除しましょう。

メンテナンスアドバイス④
風雨で落ち葉が溜まる木部にはあえて鉄板で風雨から保護するのもよいでしょう。

まだまだお伝えしたいメンテナンスのお話はたくさんありますが、今回は大規模な修繕にならないためにも先ずはデッキのメンテナンスから始めてみてはいかがでしょうか。
キャンペーンといたしまして9月末日までの間、無料で外部デッキなどの補修や再塗装に関する診断とお見積りのご提案をいたします。
是非この機会に管理センターまでお問い合わせください。
今回は建物メンテナンスのお話でした。

こちらの未入居ログハウス物件「Apricot」の詳細はこちらでごらんください。
↓↓↓

アーカイブ

関連物件