那須高原での別荘土地、那須高原での新築別荘、那須高原での中古別荘、理想のリゾートライフ田舎暮らしをお手伝いいたします。

那須・羽鳥のホットトピック

那須・羽鳥のホットトピック

A Day In The Life

2018年7月6日

Red Bullが公開した「Drifting a Ferrari F40 in Snow Up To Base Camp」

4連フォグランプを装着したフェラーリF40が雪道を爆走し 、キャンプに向かうショートアドベンチャーストーリー。この映像には男のロマンを掻き立てられました。
気になる方はYouTubeをご覧ください↓↓↓

 

雪山に向かう出発前のシーンから、自宅周辺を抜け、少しずつ山深くなり、ついには雪山へ。ただでさえドライビングが難しい、1億円を超えるスーパースポーツゴーイングカーでラリー的な走りをさせるのだから、さすが「レッドブル」ぶっ飛び感が違います。豪快なシュチエーションながら、ストーリーは繊細で道中の些細な情景や、ドライバーのしぐさにぐっとくる場面がいくつも。ドライバーのファションもカッコよく。ワイシャツにネクタイに防寒具とブーツといういでたち。F40の屋根にはキャンプ道具一式。目的地の山中に着くとキャンプ道具を取り出し、もくもくと料理。この料理がカッコよく。チキンラーメンを最高のキャンプ道具にそそぎこむ。そして「レッドブル」を煽る。食事がすんだら、発煙筒をすり暗闇の山中を一人歩き、「この景色を見に来た」と言わんばかりに、下界の明かりを一人仁王立ちで眺める。最後はF40の屋根に貼ったテントに梯子で登って休む。翌朝はF40の「跳ね馬エンブレム」に積もった雪をさりげなく払い、また雪道を爆走して帰路に就く。これぞ「男のロマン」といった感じです。HEIWAGO NATURE FIELDでもこんなカッコイイショートアドベンチャーができそう。那須高原もしくは羽鳥湖。このシュチュエーションだと「羽鳥湖」の方がより雰囲気が近いかもしれません。

F40はとても用意できません。雪道にまったく似合わないアメ車でご勘弁ください。

見慣れた景色を後に出発

高速道路をかっとばして北へ北へ。

500馬力のビッグパワーをリヤタイヤに的確に伝え、雪道をドリフトで登ります。(とてもそんな技術はありませんが気分だけ)

どんどん雪深くなる山道。

ようやくたどり着く山奥のベース。ここでチキンラーメン。(写真はHEIWAGO NATURE FIELDの実際の売地Lumber Jackです

星と闇を感じながら森での時間を楽しみ。

ひとり朝日(那須岳から)を仁王立ちで眺め、また愛車を飛ばし帰路に就く。翌日は何食わぬ顔をしてオフィスで仕事をこなす。そして、週末の余韻と次のアドベンチャーに思いをはせる。素敵な「人生のひとコマ」です。

HEIWAGO NATURE FIELDにはこの目的地となる美しいロケーションの物件を扱っております。Red Bullの「Drifting a Ferrari F40 in Snow Up To Base Camp」のような自分の時間を過ごしたいと思われたら、是非お問い合わせください。素敵な「Base Camp」をご用意しております! Writer T

前回のブログでご紹介のJeepの対局にありそうなF40ですが、この蒸し暑い都会の中で久しぶりに見た雪原のYouTubeに心が躍りました。是非、皆様の愛車でエアコンもいらない涼しい那須高原のHEIWAGO NATURE FIELDにお越しください。Writer I

アーカイブ

関連物件